My ideal

30を前に理想の自分に変わりたい生活を変えたい

禅宗とは、マインドフルネスと違うの? 調べてみて、ミニマリスト生活で気づいたこと

こんにちは、東北ランです。

私が最近、気になっていることは禅宗というものです。

最近になって、あのティージョブズにとても大きな影響を与えたといわれているからです。

そこで、個人的に禅宗とは何ぞやと思い今回も自分の勉強を含め書くことにしました。

それでは早速

そもそも禅宗”禅”とは、心を集中する”瞑想”の事で、禅定(ぜんじょう)とか三昧(さんまい)とも言います。

f:id:tohokurun:20191229222652j:plain

禅と呼ばれるものには有名な坐禅これは禅の基本姿勢で一度は聞いたことがありますよね!!

そのほかにも実は立禅や動禅、さらに食べる禅もあれば寝る禅、泣く禅笑う禅など様々な禅が存在するらしいです。

youtubeで見たのですが禅は日常生活にルールを設け、それを実践して生活そのものを修業にしているというように私はとらえました。


座禅とは

マインドフルネスと座禅

近頃「マインドフルネス」という瞑想法が注目を集めていますが、このマインドフルネスと座禅を私は同じものだととらえていたのですが実はこの二つには取り組む姿勢に違いがあり、そのことを私の解釈を混ぜて説明します。

まず、マインドフルネスを行う人は瞑想を行うことで得られるメリットを得るのが目的で行うのがマインドフルネスだと私は考えました。

具体的に上げらる有名なメリットは
  • 集中力、記憶力、作業処理スピードが向上する
  • 日常ストレスのストレスが軽減する

といったメリットがあるといわれています。

それに対して座禅は上記のメリットの事を目的とはしておらず

「釈迦が座禅で開いた悟りを自分のものにするために同じ苦行の座禅を選んでいる。

というような理解をしました。」

また、座禅を実践してマインドフルネスで得られるメリットが結果的には得られるのではないかとも思います。

 

最後に私は現在ミニマリストの生活を目指して生活をしていましたが今回禅を調べてみて、禅の考え方とミニマリストの考え方の共通点に関する記事をいくつか読んでみて私はミニマリストの考え方について一つ大きな勘違いをしていることに気づくことができました。

調べる前まではミニマリストとは不要なものは破棄をし生活の質を向上させるものだと思い込んでいましたが、実はそうではなくてミニマリストとは不要なものは持たない考え方、ということに気づくことができました。

この考え方の違い気づけたことは私にとっては大きなことでした、持たないということは

赤、青、緑の三色ボールペンを筆箱に入れるのか

または

赤のボールペン、青のボールペン、緑のボールペン3本を筆箱に入れるのかということです。

どちらがいいとも人それぞれ違うと思いますが、この考えに気づけたことは今回禅について調べてみてよかったと思うところです。

全く異なるジャンルの気づきが締めとなってしまいましたが、これからも自分に情報をインプットがてらブログを更新していくので、宜しくです、本日は以上です。

 

民主市議とは

こんにちは、東北ランです。

私は前回、日本の経済体制「資本主義」についてブログを書きました。

tohokurun.hatenablog.com

その中で資本主義によく似た言葉として触れた、日本の政治体制「民主主義」についてブログを書きます。

よく勘違いをされている方がいますが、冒頭でも書いたように「資本主義」は経済の考え方で、「民主主義」は政治の考え方になります。それでは早速、

民主主義とは

「人民が主権を持ち、自らの手で、自らのために政治を行う立場。人民が自らの自由と平等を保障する行き方」というようなことが書いてありますが、よくわかりませんよね

どういう考えなのかを簡単に言うと

「みんなの事は、みんなで多数決をして決めよう」

f:id:tohokurun:20191222134403j:plain

というものです。学生時代などにもクラスの事についてみんなで話し合ったことがあると思います。このことをイメージしていただいたうえで少し詳しく書きます。

国や県、町の事を決めるときに、みんな(国民)で自分たちの代表者(政治家)を選挙で選びます。そして代表者(政治家)がみんな(国民)の望む政策を実行していきます。

代表者(政治家)がみんな(国民)の望むような仕事をできなければ、みんな(国民)で代表者(政治家)を引きずり落とすことも可能です。

資本主義と民主主義

日本は現在、経済体制「資本主義」と政治体制「民主主義」となっています。

この仕組みは両主義デメリットを補う意味があります。その辺を簡単に説明します。

資本主義は個人が自由にお金ぐことができ他者との競争の中で国の経済が発展していきます。 

競争には必ず勝者と敗者が存在し、勝者は多くの富を得ることができますが、敗者には何も残りません。

ということは資本主義には必ず「貧富の差」が生まれる。と言いうのがデメリットとなります。

この貧富の差で生まれた社会的弱者を救済するのが、民主主義政治体制の特徴となります。

f:id:tohokurun:20191222134824j:plain

先ほど説明した、「みんなの事は、みんなで多数決をして決めよう」これは一人一票だけ、投票できる権利を持つこれには少数意見も尊重できるメリットがあります。そのほかにの収入の多い人からは多くの税金を納めてもらうなど、これは国民の平等を求める考え方の事です。

つまり、資本主義=自由 民主主義=平等 というよな全く異なる考え方を日本では政治と経済の体制を両立させている国となっています。

最後に

民主主義ついて今回書いてみましたが、私の実感としては民主主義で何が平等なのかということが正直言うといまいちピンと来ていません(笑)

ですが、両主義の違いや考え方には触れられたのはいい勉強になりました。これからもこう言った雑学的な事も書いていこうと思っているので読んでいる方と一緒に勉強できればと思っています。

それではこの辺で、次回記事ができたらまた読んでください!!

資本主義とは、社会主義とは、資本主義とは、何ですか~?

こんにちは東北ランです、

突然ですがあなたは資本主義って何ですかと突然聞かれた場合何か説明できますか

実際に中学で習うらしいのですが、説明できる以前に私は知りません!!(笑)

そこで今回は、私の勉強の意味も含め、資本主義とは何なのか簡単に記事にしていきます。私のように曖昧に覚えてい方にも参考になればと思います。

が!!

その前に少し勉強をしてみて早速わかったことがあったのですが

今回触れる資本主義のほかに似たような物で、社会主義と民主主義とかよく耳にしますよね!!

どれも主義とついているのでジャンル?的には同じ考えの事なんだろうな思っていたのですが、実は資本主義と社会主義は経済の考え方の事で、民主主義とは政治の考え方の事です。この違いすらも、私は知りませんでした(笑)

そこで、今回、改めて書く記事は

資本主義と社会主義の違いを比べながら解説していき、両主義の歴史にも少し触れていきます

 それでは早速

資本主義とは

f:id:tohokurun:20191208132503j:plain

まず、現在日本を含めほとんどの国が資本主義経済です。資本主義を簡単に言うと

個人が自由にお金を儲けることができる社会の事です。

特徴は、個人が自由にお金を稼ぐ事ができる為、他者より多く稼ぐために個人同士の競争が起こり、経済がより発展していく。

また、競争があるということは、勝つ者と負ける者が現れる為、社会格差ができます。これを言い換えると貧富の差ができる。事も資本主義の特徴です。

資本主義のメリット、デメリット

経済が発展していくメリットはあるがその中で貧富の差が発生するデメリットがある

 それに対し

社会主義経済とは

f:id:tohokurun:20191208132524j:plain

まず現在の社会主義国は中国やキューバなど一部の国だけとなっています。社会主義を簡単に言うと。

儲けたお金を国で管理し、みんな平等に分ける社会の事です。

特徴は、国でお金や物をすべて管理し、みんなに平等に分けるために、貧富の差がない事です。ですが

社会主義の中で他者より、頑張ったり、新しいことを考えたりして成果を出しても、みんな平等に分け与える為、努力しても報われないと考える者が出現します。そうなるとみんな、仕事などでも手を向き始め、努力する考えがなくなっていき経済が停滞しいていきます。これが社会主義の特徴です。

社会主義のメリット、デメリット

貧富の差はなくなるメリットはあるが経済は発展していかないデメリットがある。

 

資本主義と社会主義の歴史

資本主義は、18世紀にイギリスで起こった産業革命をきっかけに資本主義という考えが生まれました。

産業革命とは「工場に機械を導入して大量にモノを生産できるようになった革命」のこと。工場側の人が労働者を雇って沢山お金儲けをしたことが資本主義の始まりといわれています。

 

社会主義は、20世紀初めに起きたロシア革命が大きな転機となり生まれました。産業革命のあと、資本主義が浸透したことで貧富の差が広がっていき、そのなかで社会主義という考え方が唱えられ、史上初の社会主義国家であるソビエト連邦ソ連が誕生しました。

 

第2次世界大戦の終戦後、世界中で食料不足が起きていました。そんな中、資本主義の国と社会主義の国が対立する「冷戦」の時代が訪れます。

資本主義国の代表がアメリカ、社会主義国の代表はソ連です。

f:id:tohokurun:20191208132806j:plain
f:id:tohokurun:20191208132745p:plain

結果的には、上記で書いた特徴のように資本主義国の経済は発展していきました。

個人間での競争心理が働いて技術はどんどん進んでいき、食事にも困ることもなくなっていきました。

社会主義国の経済は発展していかず、技術的的には資本主義の国と比べるとだいぶ劣ったものになっており、20世紀終盤のソ連崩壊を機に、冷戦は終結を迎えることができました。

これが、簡単になりましたが、資本主義と社会主義の始まりと歴史です。

 

気づいたこと

個人の自由競争がないと経済的は成り立たないことを歴史が証明してくれている

が、そこに貧富の差が生まれることも事実である。これは経済的な考えの事である

貧富の差、社会的弱者の事を考えて政治というものが存在する

経済的考えと、政治的考えは全く別物である。

 

今回このことを勉強してみて個人的にはすごく勉強になりました。

なんか、仕事に対する考え方が少し変わったような~(笑)

それでは本日はこの辺で~

 

 

 

 

 

 

実践ミニマリスト いろいろと取り除いてみてよかったこと

こんにちは東北ランです

私は過去に自分に使える時間が増やし」人生のクォリティーを上げるためにミニマリストになるという宣言をブログでしました。

tohokurun.hatenablog.com

そこで 、今回はミニマリスト生活挑戦してみて、生活から取り除いてよかったのと思う

テレビ、 ローテーブル、 洋服タンスについての理由と 合わせてデメリットも紹介していきます。

テレビについて

f:id:tohokurun:20191201123800j:plain

単純にテレビは面白い。さらに今は、番組の中で気になる事があればすぐにスマホで調べることができます。

この何でもすぐに調べらる環境が私の長時間のテレビ視聴につながり、テレビ視聴を辞めたいと思った理由です。

要は私にとっては不要な情報を調べ続けることよりも、仕事や自分のスキルについて、必要な物について調べた方が圧倒的にメリットだと考えテレビは生活から取り除くことにしました。

ですがやはり、周りの出来事には疎くなるのがデメリットです

先輩や普段話さない人との会話の内容に困るということが、正直な十ところです。

ローテーブルについて

f:id:tohokurun:20191201124708j:plain

ローテーブルはあるだけで、そこが生活の定位置になっていて、仕事から帰ってきたらとりあえず、そこに座り、食事をとったり、スマホをいじったり気が付いたら2時間過ぎているということがよくあったので、部屋からローテーブルは片付けました。

これについてはデメリットはないと思います。家についてとりあえず落ち着きたいという人にはお勧めしませんが。

 洋服タンスについて

f:id:tohokurun:20191201124909j:plain

洋服タンスについてはユーチューブで紹介されていたのですが※誰の動画かは忘れました(笑)

着たものを、 洗濯して、 乾かして、 畳んで、 タンスにしまう、 タンスから出して着る、

この一連の流れに対して、赤文字4工程が不要だと紹介されていた動画でした。

私はこの考えに共感し、すぐ実践するために洋服タンスを破棄することをけついしました。

これは、実践して、すぐに効果を感じることができるので、ミニマリストに興味のある方、一番初めにやってみもいいかもしれません。

デメリットとしては、洋服タンスを捨てる代わりにハンガーラックとピンチハンガーを新たに購入したことくらいです。

ここでミニマリストを目指すものとして思考が変わり始めている事気づいたことがありました。

物が減っている分何か新しい買い物をするときはよく考えてから、購入をする考えが身についていることに気づき、私もミニマリストの思考になりつつあるのではとうれしくなりました。

 

最後に

実践してみてやはり自分の事について考える時間は増えていると思います。

最近では、勉強の環境を見直す。という考えを思いつき図書館で集中して作業することが多くなっています。この考えはミニマリストを目指しいて思いついたのかはいまいちわかりませんが、多少のきっかけにはなっていると思います。

(※まぁ~せっかく部屋を変えていっているのに結局図書館かよ!!って思ったりもしていますが(笑))

余談 テレビとローテーブルについては生活から取り除いただけであって破棄はしていないですよ、普段から使わないように押し入れにしまっただけです。

あくまでも、自分のペースでこの生活を楽しみます。

 

ミニマリスト生活をめざして気づいたこと

  • 自分の事について考える、見つめなおす時間は確実に増える実感があります。
  • 世の中のはやりに疎くなる実感も増える

本日のブログは以上となります。 また、ミニマリスト生活についても定期的に更新していくのでよろしくお願いします。

コミュニケーション能力向上 実践記

こんにちは東北ランです。

私はコミュニケーション能力を上げたいと考え、行動を開始して現在2か月たちました。

そこで今回私が2か月間実践し、短期間で効果を感じたものを簡単に紹介します。

実践するときに、心がけた事と詳細は後半に書きます。

それではこの2か月間で実践し効果を感じられたものを三つ紹介します。

  • 鏡の前で話す練習をする
  • 声のトーンを意識する
  • 話すときに構えない

この三つはすぐに実践できて、効果もすぐに実感することができました。

 ではこの三つを行いどんなことを感じたかを書いていきます。

まず、日々の生活ストレスが減ったような気がします。理由は簡単で2か月間意識して続けたことで、コミュニケーションというハードルが自分の中で下がり、実践前に比べると、それほど苦にならずに対話できていると感じています。

次に仕事の理解力が上がったようにも感じています。これも理由は簡単で以前までは会議に出席しても、私に何か仕事のことで質問されたらどうしよう。とマイナスイメージな気持ちで会議に出席していました。

ですが、会議の時だけですが意識を変えてみて、俺に話を振ってこいというような強気に意識にゆっくりとではありますが変える努力をしました。意識が変わることに比例し、会議の内容なども集中して聞き、仕事の理解力が少しづつ上がってきている実感があります。

実践したことで生活ストレスの減少と仕事の理解力向上している気がします。

では次に行ったことの詳細を書いていきます。

鏡の前で話す

f:id:tohokurun:20191127230112j:plain

鏡の前の自分に向って話すことで自分が普段どのようにしゃべっているのか。

また、また相手ににどのようにみられているか意識する事が出来ました。

これで、自分のコミュニケーションが相手にとってどう見られているかようやく気付くことができました。

これは、今回実践した三つの中でもしかしたら一番効果的で役に立ったっことかもしれません。(※私は普段何かくねくねしながら会話していることに気づくことができました。気持ち悪かったー(笑))

はじめのうちは自分の目を見て話すことも恥ずかしく感じていました。ですが、だんだん慣れてくると、自分の目を見て話すことにも慣れ、相手の目を見て話せているということは、普段伏し目がちな私ですが、顔を上げて話すことができるようになっていきました。

 

 

声のトーンを意識する

f:id:tohokurun:20191127230105j:plain

これは、朝一番の挨拶を特に意識しました。それいがいのところはあまり意識しませんでした。

また、挨拶を気持ちよく返してくれるひと、とそうでない人がいることにも気づくことができました。

挨拶をちゃんと返してくれなかった人は、性格的に癖がある人が多かったような気がしています。(※挨拶を返してくれない人=正確に癖があるではないですよ!!)

私はしっかりとあいさつを返してもらえるととても気持ちがよかったので、挨拶をされたら、はきはきと返すように意識をしていました。この発見はよかったと思います

構えない

f:id:tohokurun:20191127230101j:plain

これは常に毎日意識する必要はなく、一日のスケジュールを考えた時に朝に今日は構えない自分を演じるのです。

私は、仕事で先輩などと話すときにどうしても構えてしまう癖がありました。

そこで、私は週に1回構えない日を自分の中で作って実践していました。

この構えない日はどんなことを意識をしたのかと言いますと、先輩と話すときはできるだけリラックスするように心がけ、仕事でわからないことが出た場合、素直にわからないことを伝え、教えてもらえようと心掛けながら実践していました。

あと、後輩と話すときも一緒で、わからないところは後輩に聞き、立場を自分の中で後輩の立場を上にして、後輩から何かを学ぶことを意識して話していました。

と、このように私が実践したことと意識したことをまとめてみました。

 

本日の気づき

コミュニケーション能力を向上するためには、自分のことに意識を向けるのではなく、相手がどう感じているかを意識した方がいい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

理想の体と途中報告

皆さんこんにちは東北ランです

私は理想の体になる為にトレーニングを開始宣言してから約1カ月たちました

本日はその結果を報告いたします。

その前に過去のトレーニング宣言ブログをよろしければ一読ください

 

tohokurun.hatenablog.com

 それでは早速、過去のブログにも書きしたが私が理想とする体は下の画像です

f:id:tohokurun:20191003233405j:plain

理想の体
f:id:tohokurun:20191005000246j:plain
f:id:tohokurun:20191005000233j:plain
一か月前の体

この時は身長180体重80の時の体です


レーニング開始一か月の体です

f:id:tohokurun:20191116222417j:plain
f:id:tohokurun:20191116222357j:plain
レーニング後

写真で見ただけではわかりずらのですが、体重は3キロほど落ちています!!

ですが、理想の体には程遠い(笑)身長180で77キロになっています。

現在私が行っているトレーニングはランニングと腹筋ローラーです

ランニングはできるだけ空いた時間に走るようにしています。休日には約20キロを目明日に走っています。

腹筋ローラーは空いた時間を見つけてこまめに毎日100回続けるようにしています

まだまだ理想の体には遠いのですが引き続き続けていきます

と、本日は報告ブログでした。、それではこの辺で~また明日!!

1人飲みデメリット!!

こんにちは東北ランです。

私は最近よく、家で1人飲みをしています。外出して飲むより節約になりますし、自分の好きなものを食べれますし、部屋着やラフな格好でも飲めます。そして何より周りに人たちに気を使わないのでホントにリラックスしてお酒を楽しむことができますよね!!

f:id:tohokurun:20191110220711j:plain

このほかにも1人飲みのいいポイント、メリットたくさんあると思います。が、

私は1人飲みをやめます!!

理由はいくつかあるので本日は私が1人飲みをやめる理由を書きますので、皆さんにも共感していただけたらと思います

 

理由① 1人飲みで見る映画

f:id:tohokurun:20191110220903j:plain

私は映画をレンタルして、見ながら1人飲みをしているのですが、翌朝になると映画の記憶がほとんどないので翌日にまた見直しています(笑)

1人飲みをしている時は映画を2本レンタルしてみているので単純計算で約4時間かかります、これを翌日にまた4時間かけて見直す。というのが最近の現状になっていて映画を2本見るのに合計8時間かかっていることになります。これはほんとに時間の無駄ですよね!!(*_*)

理由② 深酒で翌日の予定が狂う

f:id:tohokurun:20191110221007j:plain

1人飲みだと、周りに誰もおらず、自分のペースで好きなだけお酒を飲むことができますよね。つまり、止める人がおらず結局飲みすぎにつながっているのが今の現状です。

つらい(笑)

その結果翌日は昼前におきてしまう。それで先ほど書いた通りレンタルした映画を4時間かけて見ると既に夕方!!、休みをほぼ無駄にし落ち込む⇒というサイクルが最近続いています

理由③やけ食い

f:id:tohokurun:20191110221400j:plain

1人飲みの時の私は食欲が異常です!!もう、滅茶苦茶食べます!!(笑)

というか、いつまでたってもおなかが満たされないのです。

私は現在ダイエットもしているので食べ過ぎは何としても避けたいことなのですが結局食べ過ぎているのが現状です。

しかも足りない場合は近くのコンビニに買いに行くので、これがまた意外とお金もかかっています。

 

この問題を解決するのは1人飲みをやめる!!これに尽きる。ですが...

1人の時どうしても飲みたくなったらどうやり過ごすのが現在の悩みの種になっています( ;∀;)

 


さて今回、3つ1人飲みの悪いところを書いてきましたが、別に1人飲みをやめるだけで、飲酒そのものをやめるわけではありません、友達や会社の付き合いではこれまで通り飲んでいきます!!

f:id:tohokurun:20191110221626j:plain

さて本日はこの辺で終わりたいと思いますが、最後まで読んでいただいたということは、あなたにも少しは共感していただいたのかなぁ~と思っています。(笑)

 

1人飲みであなたが考えるデメリット?悪いポイント?あったらTwitterのコメントで教えていただきたいです。

それでは本日はこの辺で~また明日