My ideal

30を前に理想の自分に変わりたい生活を変えたい

実践ミニマリスト いろいろと取り除いてみてよかったこと

こんにちは東北ランです

私は過去に自分に使える時間が増やし」人生のクォリティーを上げるためにミニマリストになるという宣言をブログでしました。

tohokurun.hatenablog.com

そこで 、今回はミニマリスト生活挑戦してみて、生活から取り除いてよかったのと思う

テレビ、 ローテーブル、 洋服タンスについての理由と 合わせてデメリットも紹介していきます。

テレビについて

f:id:tohokurun:20191201123800j:plain

単純にテレビは面白い。さらに今は、番組の中で気になる事があればすぐにスマホで調べることができます。

この何でもすぐに調べらる環境が私の長時間のテレビ視聴につながり、テレビ視聴を辞めたいと思った理由です。

要は私にとっては不要な情報を調べ続けることよりも、仕事や自分のスキルについて、必要な物について調べた方が圧倒的にメリットだと考えテレビは生活から取り除くことにしました。

ですがやはり、周りの出来事には疎くなるのがデメリットです

先輩や普段話さない人との会話の内容に困るということが、正直な十ところです。

ローテーブルについて

f:id:tohokurun:20191201124708j:plain

ローテーブルはあるだけで、そこが生活の定位置になっていて、仕事から帰ってきたらとりあえず、そこに座り、食事をとったり、スマホをいじったり気が付いたら2時間過ぎているということがよくあったので、部屋からローテーブルは片付けました。

これについてはデメリットはないと思います。家についてとりあえず落ち着きたいという人にはお勧めしませんが。

 洋服タンスについて

f:id:tohokurun:20191201124909j:plain

洋服タンスについてはユーチューブで紹介されていたのですが※誰の動画かは忘れました(笑)

着たものを、 洗濯して、 乾かして、 畳んで、 タンスにしまう、 タンスから出して着る、

この一連の流れに対して、赤文字4工程が不要だと紹介されていた動画でした。

私はこの考えに共感し、すぐ実践するために洋服タンスを破棄することをけついしました。

これは、実践して、すぐに効果を感じることができるので、ミニマリストに興味のある方、一番初めにやってみもいいかもしれません。

デメリットとしては、洋服タンスを捨てる代わりにハンガーラックとピンチハンガーを新たに購入したことくらいです。

ここでミニマリストを目指すものとして思考が変わり始めている事気づいたことがありました。

物が減っている分何か新しい買い物をするときはよく考えてから、購入をする考えが身についていることに気づき、私もミニマリストの思考になりつつあるのではとうれしくなりました。

 

最後に

実践してみてやはり自分の事について考える時間は増えていると思います。

最近では、勉強の環境を見直す。という考えを思いつき図書館で集中して作業することが多くなっています。この考えはミニマリストを目指しいて思いついたのかはいまいちわかりませんが、多少のきっかけにはなっていると思います。

(※まぁ~せっかく部屋を変えていっているのに結局図書館かよ!!って思ったりもしていますが(笑))

余談 テレビとローテーブルについては生活から取り除いただけであって破棄はしていないですよ、普段から使わないように押し入れにしまっただけです。

あくまでも、自分のペースでこの生活を楽しみます。

 

ミニマリスト生活をめざして気づいたこと

  • 自分の事について考える、見つめなおす時間は確実に増える実感があります。
  • 世の中のはやりに疎くなる実感も増える

本日のブログは以上となります。 また、ミニマリスト生活についても定期的に更新していくのでよろしくお願いします。