My ideal

30を前に理想の自分に変わりたい生活を変えたい

禅宗とは、マインドフルネスと違うの? 調べてみて、ミニマリスト生活で気づいたこと

こんにちは、東北ランです。

私が最近、気になっていることは禅宗というものです。

最近になって、あのティージョブズにとても大きな影響を与えたといわれているからです。

そこで、個人的に禅宗とは何ぞやと思い今回も自分の勉強を含め書くことにしました。

それでは早速

そもそも禅宗”禅”とは、心を集中する”瞑想”の事で、禅定(ぜんじょう)とか三昧(さんまい)とも言います。

f:id:tohokurun:20191229222652j:plain

禅と呼ばれるものには有名な坐禅これは禅の基本姿勢で一度は聞いたことがありますよね!!

そのほかにも実は立禅や動禅、さらに食べる禅もあれば寝る禅、泣く禅笑う禅など様々な禅が存在するらしいです。

youtubeで見たのですが禅は日常生活にルールを設け、それを実践して生活そのものを修業にしているというように私はとらえました。


座禅とは

マインドフルネスと座禅

近頃「マインドフルネス」という瞑想法が注目を集めていますが、このマインドフルネスと座禅を私は同じものだととらえていたのですが実はこの二つには取り組む姿勢に違いがあり、そのことを私の解釈を混ぜて説明します。

まず、マインドフルネスを行う人は瞑想を行うことで得られるメリットを得るのが目的で行うのがマインドフルネスだと私は考えました。

具体的に上げらる有名なメリットは
  • 集中力、記憶力、作業処理スピードが向上する
  • 日常ストレスのストレスが軽減する

といったメリットがあるといわれています。

それに対して座禅は上記のメリットの事を目的とはしておらず

「釈迦が座禅で開いた悟りを自分のものにするために同じ苦行の座禅を選んでいる。

というような理解をしました。」

また、座禅を実践してマインドフルネスで得られるメリットが結果的には得られるのではないかとも思います。

 

最後に私は現在ミニマリストの生活を目指して生活をしていましたが今回禅を調べてみて、禅の考え方とミニマリストの考え方の共通点に関する記事をいくつか読んでみて私はミニマリストの考え方について一つ大きな勘違いをしていることに気づくことができました。

調べる前まではミニマリストとは不要なものは破棄をし生活の質を向上させるものだと思い込んでいましたが、実はそうではなくてミニマリストとは不要なものは持たない考え方、ということに気づくことができました。

この考え方の違い気づけたことは私にとっては大きなことでした、持たないということは

赤、青、緑の三色ボールペンを筆箱に入れるのか

または

赤のボールペン、青のボールペン、緑のボールペン3本を筆箱に入れるのかということです。

どちらがいいとも人それぞれ違うと思いますが、この考えに気づけたことは今回禅について調べてみてよかったと思うところです。

全く異なるジャンルの気づきが締めとなってしまいましたが、これからも自分に情報をインプットがてらブログを更新していくので、宜しくです、本日は以上です。