My ideal

30を前に理想の自分に変わりたい生活を変えたい

いまさらだけど5Gはいつから? 4Gと何がちがうの? メリット、デメリットを簡単に

こんにちは東北ランです

今年2020年3月から日本でも5Gが始まるということで、大いに盛り上がっています。

が!!!

f:id:tohokurun:20200126225632j:plain

個人的には4Gで既に満足しています。

ですがこれだけ日本中で盛り上がっているのには私の想像の及ばないすごいことがあるのでは?

と思い今回は5Gについて専門的な言葉は使わずに、私のようにふわっとしたイメージのままのあなたに向けても書いていきます。

でもその前に一応「G」とは「Generation(世代)」の頭文字の事で、5Gを略さずに日本語で表記する場合は「第5世代移動通信システム」となります。⇒このぐらいの知識は持っています(笑)それでは早速!!

4G⇒5Gになったら、具体的に何が変わるのか?

考え方は4Gから5Gに変わるではなく、

4G⇒5Gへ進化するという考えで受け取ってもらえればと思います。

では何が進化するのか

  • 高速大容量通信
  • 低遅延
  • 同時多数接続

この三つが5Gになると性能が圧倒的に向上していきます。

高速大容量通信

f:id:tohokurun:20200126225940j:plain

文字から何となく察することができると思いますが、

通信速度が5Gでは4Gに比べて「100倍以上」早くなるといわれています。

例えば、4Gなら10秒かかるデータ通信も5Gであれば0.1秒未満、一瞬で会わる計算であり、コンテンツの表示やダウンロード時における待機時間が単純に100分1以下になります。

もっとわかりやすく言うと2時間の映画が3秒でダウンロードできます。

海外ドラマを1シーズンダウンロードもあっという間ですね

同時接続数も増える

f:id:tohokurun:20200126230054j:plain

IoT(モノがインターネットにつながる)の普及に伴って、スマホやパソコンだけでなく、ワイヤレスの通信を利用する機器が増大しています。とえば、エアコンや照明、テレビ、冷蔵庫などがインターネットにつながってモノ同士が通信し、離れた場所から制御や操作などができるようになるというわけです。

さらにインターネットへ接続するものは家庭内に収まらず、自動車、遠隔医療、工場などの物流、農業、バスなどの公共交通機関といった、

多ジャンルのものが同時にインターネットにつながることを考えられたときに

4Gでの通信機能では十分な能力が発揮できません。

この問題を改善してくれるのが5Gの同時多数接続です。5Gの同時多数接続を可能としてくれることで通信機器は能力を十分に発揮することが可能となるのです。

例えば4Gでは1基地局あたり同時デバイス接続数は1000程度ですが、5Gの1基地局あたりの同時接続数は約2万台となっていて、4Gの100倍以上となっています。

もし、4GのままIoTがどんどん普及していった場合、4Gでは1つの基地局に対し接続できる人数に限りがあるためネットワークがどうしても混雑してしまいます。その結果、いくら高性能の機器でもその能力は十分に発揮することは出来ないでしょう。

低遅延

f:id:tohokurun:20200126230426j:plain

これは、一般的なユーザーにはあまり影響がないかもしれませんが、

5Gでは、「1000分の1秒」の低遅延が目指されています。これが実用的になってくと

車の自動運転化が現実的となります。車の自動運転化にはこの低遅延が必須であり、動いているものから発せらる情報は可能な限りリアルタイムで受け取れないと、人命にかかわる事故が発生してしまいます。

また、医療の分野でも映像を見ながら、遠隔で手術することも可能になると考えられています。

 

皆さんは5Gについてなにが気になる事はありましたか?

 

今回私なりに調べてみて、直近で私に影響ありそうなのは、高速大容量通信くらいです。動画をスラスラ見れるというのは楽しみです。

ですが、正直現段階で満足しているのが正直なところです。(笑)

それでは本日はこの辺で